麻布学園の文化祭に行ってきました!

Pocket
LINEで送る

人生初です。

男子校に足を踏み入れるのは!

しかも麻布!!

いつもはゴールデンウィークに開催されているようですが、今年は6月の開催で、14、15、16日の3日間。

気がついたら終わってたー!(涙)ってことにならないよう、ちょくちょくネットで確認していたのでしたー。

息子より、ドキドキワクワクして出かけた私。笑

以下、学校と文化祭の様子です。

あくまでも私の主観で書かれていますので、そこのところは、よろしくお願いします。笑

なんて素敵な立地!

いやー、都会の中の都会。もう、ど真ん中ですよ。

私は「広尾」から徒歩で学校まで向かいましたが、「麻布十番」でもいいですね。

「広尾」から向かうと、有栖川宮記念公園の脇を通って学校に行くことになります。都会の学校にありがちな、渇いた感じ。そんな感覚は、この大きな公園の側を通ることでかなり薄くなります。オープンカフェが何軒も立ち並ぶ、お洒落な道を進んで、学校までの坂を登って行きます。

兎に角、お洒落。

素敵な立地!

文句のつけようがありません。

学校の建物

坂を登って右に曲がると学校に到着するのですが、道に面しているのは、正門だけ。

どういうことかと言いますと、旗竿状の土地なんですね。

正門をくぐり、通路(そこそこ長い)を歩いて行くと、奥に麻布学園の校舎があり、中庭に抜けるようになっています。

そこには、道からは想像できない、別世界が広がっていました。笑

コの字型の校舎。コの字型の部分に教室が配置され、真ん中の中庭は、普段はテニスコートらしいです。

歴史があるので校舎自体は古いけど、素敵な雰囲気なんですよ。ちょっと面白い造り。

それから、麻布学園は、上履きという概念がないそうです!普段から、廊下も教室も土足なんだそう。そうとは知らずに、子供達の上履きとスリッパを抱え、大荷物でやってきた私…。汗  

行きたい割に、何にも調べていない私です。

でも、予備知識がない方が、色々新鮮に感じていいでしょ?(←言い訳)

麻布生の印象

色々書いてもいいのだろうか?ちょっと悩む。。。

でも、褒めてるからいいよね?

まず、どの子も頭良さそう。賢そうです!

そして、行きたい場所がわからなくて聞いたり、学校について何人かの生徒に質問してみたりしたのだけど、みんなとても親切でした!

相手が大人だからって変にかしこまったり、優等生風の物言いとかではなく、普通に気持ちよく教えてくれるんです(勿論タメ口ではありませんよ)。なにが言いたいかというと、そう、作られた感じがしないの。自然体。気さくに色々教えてくれました。

とても感じがいいですね。

オバサンにも気持ちよくお話してくれましたよぉ。中高になっても男の子ってこんな感じなのかなぁ?と思うと、ホント可愛いです。(←オバサンむき出し)

麻布といえば、茶髪!これも気になっていたので、生徒に聞いてみました。中学生もいるけど、まだそれほどではなく、高校生になると次第に茶髪が増え始めるそうな。文化祭時の金髪xピンク、ブルーの髪は、文化祭の一、二週間前から染め始め、文化祭の翌日には黒に染め直すそうです。

それから、、、、

麻布生ってモテそうだなーと思いました。。。

だってね、すごいの。女子中高生の数が!!

私服もいるけど、制服着てる子の方が多かったかなぁ?日曜日にわざわざ制服を着て、真っ赤な口紅つけて、男子校の文化祭へ繰り出す!今時は、女子の方が積極的なのでしょうか?それとも麻布が特別なのでしょうか?

そして、ライブハウスで髪を振り乱し、ノリノリの女子高生達!スマホ片手にボーカルの撮影です。女子中高生の憧れの男子=麻布生 なのかな?と。

高校なんてのは、大学への通過点よ!とシラけた学生生活を送ってしまったオバサンには、もう、よくわからない世界になってました。。。。

文化祭の様子

3日目、昼頃到着した私達。

最初に目に飛び込んできたのは、ピンクやブルー、カラフルに髪を染めた高校生達。中庭でプロレスをやっていました。

これば定番らしいのだけど、何せ下調べしていない私。

私も息子も、軽く殴られたような衝撃を受けてしまった!

息子はプロレスというものを見たことがない。初めて見るショーに、釘付けになった。引きずられ、振り回され、投げられる、喧嘩にも似たこのショーをどんな風に見ているのだろうか?

母「どうする?他のところ行く?」

息子「もう少し見たい。」

?!どうやら気に入った?

結局最後まで見た。へー意外。こういうものも面白いと思うんだ。。。何せ兄弟は、女男女。女に挟まれた男だから、家で喧嘩というものをしない(もちろん外でも)。殴るのは当然のこと、叩くこともない。プロレスのような状況とは全くもって無縁な男である。

これは意外。男子校に行けば、男として目覚めるかも!なーんて思ったりした。

次に覗いたのが、Azabu Music House。ライブハウスである。

他のところがいっぱいで、並ぶ時間が勿体ないから行ってみた。大人もいたけど、女子中高生がいっぱい!!その中に小学生と幼稚園生とオバサンが混じり見学。大音量で耳がキンキンする中、30分以上はそこにいたと思う。

なぜなら、息子がまたもや釘付けになっていたのだ。。。

オバサンには大音量過ぎて、少々うるさい。というか、かなりうるさいのだが、まさか、息子の口から「もう少しいたい」という言葉が出るとは思わなかった。。。

初めて見るバンド。ギターを弾きながら絶叫する様子は、息子の目にもカッコよく映るのだろうか?

ずっと聴いていたバンドの演奏が終わり、外に出たら耳が変だった。これはすっごく耳に負担がかかっているに違いない!オバサンは自分の体のことに敏感!

息子に「何が良かった?」って聞いたら、「ドラムがかっこよかった!」だそうです!!うん、確かにドラム、よかった!!自分があんな風にできたら、気分爽快な気がする。

普段まず触れることのない、息子とは真逆のショーを、初っ端に2つ立て続けに見た感じ。

「麻布の文化祭、どう?」と聞いたら、「なんか、すっごい自由な感じ!!」ですって。

その後は、アーチェリー部のアーチェリー展に行き、的を射らせてもらい、生物部へ。

部員達が採集してきた昆虫や魚、カエルなどが沢山展示されていました。各展示毎に部員が配置されていて、見るべきポイントを説明してくれるので、飽きないし、みんな生物が好きなのね!ってのがすごく伝わってくる。

最初に配られた、生物部お手製の冊子をヒントに、クイズを解きながら回ると、結構時間がかかりました。でも、面白かったですよ!そして、この冊子、よくできてて感心する!

あとは、名曲喫茶にも行きましたね。バイオリンや、ピアノ、チェロなど、その名の通り名曲を弾いてくれるのだが、レベル高!上手ですよ〜。男の子x楽器。いいですねぇ。こんな特技があったらいいですよ〜。我が家は誰もやりたがりませんので、一生無縁です。涙

まだ息子が行きたいと言っていたところが、たーくさんあったのですが、人気があり、どこも行列でできませんでした。

また来年行こうね!と約束して帰ってきました。

いや〜、刺激的な一日でした。。。

とても楽しませてもらいましたよ。

麻布の文化祭。来年も行きたいです!いや、行きます。

今回行けなかったところも覗いてみたい!

そう思わせてくれる学校。魅力的な証拠ですね。

       *

どうでしたか?行ってみたくなりましたか?

まだ行ったことがない方は、是非!!!

おススメですよー。

渋幕の文化祭(槐祭)に行ってきました!

Pocket
LINEで送る