豊島岡女子学園に合格しました!

Pocket
LINEで送る

過去問との相性は大事です

我が家の受験で一番最後に受けた学校が、豊島岡女子学園中学校です。

過去問を解いて相性が良かったので、あまりろくすっぽ対策も立てずに受けました。過去問も12月に入ってから数年分、解いただけでした。

 

我が家は全部で5校受験。桜蔭受験の翌日で、朝も早かったので、子どもも親も寝不足で、ぼーっとしたまま送り出しました。

本番が終わって手応えを聞いてみたら、過去問と同じような感触だったようで、特に大きな問題はなかったみたいでした。

 

そして、その日の夜。

私は、ネットで娘の合格(一次)を知りました。

過去問通りでした!最初から相性のいい学校でしたので、問題なく合格していました!

 

学校との相性は大事です!!過去問を解いて取れる学校は、いきなり傾向を変えてこない限り、本番も取れます!!

来年受験の方は、是非、秋になったら過去問で相性をチェックしてみて下さいね!大事ですよ。同じ偏差値でも相性のいい学校の方が、合格する可能性が高くなりますから。

合格発表

試験を受けた日の夜19:00〜には、ネットで合格者が発表されます。

豊島岡女子は一次から三次まで連日試験があるので、不合格の時は、すぐにネットで二次の申し込みができるようになっています。

 

子供には合格を知らせず、翌日、学校の掲示板に確認しに行きました。

自分で自分の番号を探してもらいます。

自分で受けた試験は、最後まで自分で!私のポリシーです。

自分の番号をすぐに見つけ、記念写真を撮り、合格証書を頂きました。これで、全て終了!3年間におよぶ受験生活が幕を閉じました。

本番の豊島岡女子の印象

本番が終わってすぐに、豊島岡女子の印象を子供に聞きました。

 

子供が試験を受けた時、教室のお手伝いの生徒は一人だったそうです。お淑やかで、おっとりしていて、とても丁寧な対応だったそうです。一番上品だったかも!と言っていました。

 

学校の雰囲気は柔らかく、素敵な学校だったそうです。

私の豊島岡女子の印象

豊島岡女子は、最初から好印象でした。

学校説明会も入試説明会も、どれも対応が素晴らしく、学校に興味を持って来てくれる人を大事にしている。そんな印象でした。

入試説明会の記事はこちらです。入試説明会 〜豊島岡女子学園

 

それは、合格発表の日にも表れていました!

豊島岡女子の入り口は、ホテルのロビーのように綺麗で、洗練されています。そこに、警備員だけでなく、先生、学校長も並び、挨拶をして下さいました。そう、旅館のお出迎えのように!

入ってすぐのロビーで合格証書を頂きましたが、そこに座っていた先生方が4人。立って挨拶している先生と学校長の2人。入ってすぐのロビーに6人はいたことになります。

 

桜蔭を除いて、他にそういう学校はありませんでした。

警備員が1人、合格証書を渡す人は1人の学校。

合格証書を渡す人が3人いて、機械的に次々と渡す学校

長椅子にずらっと人が並んで座っていて、流れ作業のように合格証書渡す学校。

どこも「おめでとうございます」とは言ってくれますが、なんか機械的な感じで…。^^;

発表時間を少し過ぎて行くと、掲示板も合格証書を受け取る所も閑散としていて、寂しい雰囲気すらありました。おめでとうございます!!!って感じの雰囲気じゃないんですね。

 

でも、豊島岡女子は、違いました。寂しい感じがしませんでしたし、学校から祝福されているように感じました!

やっぱりこの学校好きだな〜って思いました。

桜蔭もそうですが、学長さんは女性です。女性ならではの柔らかい雰囲気が、学校自体にあるのでしょうね。色々なところに、さりげない気配りが散りばめられているように感じました。

 

女子校 VS 共学

私はどちらにも良さがあると思っています。

個人的には、女子校好きです。楽しそうで羨ましい。私はずっと共学だったので、女子校を知りません。共学が楽しかったか?と聞かれたら、私はあんまりでした。男女があまり仲良くなかったし、思い返すと、思春期は男子の目も気になるので、なにかと面倒だったような気さえします。

 

桜蔭と豊島岡女子。

2つ受かったらどっちに行くか?

桜蔭と渋幕と同じくらい悩ましいですね。

人気がある学校には、それなりの秘密があります。

是非、色々な学校の説明会や文化祭を訪れて、ご自身の目で確かめてみてくださいね!

桜蔭に合格しました!(2019)

Pocket
LINEで送る

前の記事

模試と本番の違い