【中学受験】中学校選びは何が決め手か?

Pocket
LINEで送る

中高一貫校を選ぶなら、子供を6年間預けることになります。

ついつい偏差値で選んでしまいそうになりますが…。

偏差値以外にも見るべきポイントがあるので書いてみます。

①学校を偏差値で選ぶ

出来るだけ偏差値の高い学校へ行ってほしい。

これは、恐らく共通の願いではないでしょうか?

 

理由は単純。

・偏差値の高い学校は大学進学実績もいい。

・学校の名前も知れている。(自慢できる)

・レベルの高いお友達から沢山の刺激を受けて、お互いを高め合っていける。

・学校によっては結束が強く、社会に出てからも有利に働く。

と、いいことしか思いつきませんが、

それだけで選んでいいのかといえば、そうでもありません。

 

学校を信頼でき、教育理念に共感できる学校に行かせるのが理想。

何があっても学校にお任せできると思える学校を選ぶべきです。

 

今年でいうと、学校のコロナ対応です。

学校を信頼していれば文句な出ないはずですが、実際には保護者からの電話が結構あるようです。。。

 

中学受験した他のお友達にも聞いたところ、素早く映像授業に切り替えたところ、課題をいっぱい出したところ、外注したところ、対応は様々で、

登校日や定期テストの有無も学校によって全然違います。

それに対して、いちいち学校に電話してはいけないと私は思います。。。

 

自分が選んで行った学校なのですから。

 

高い授業料を払っていると、言いたくなってしまうのかもしれません。

でも、それは少し違う気がします。。。

気になることがあるならば、自分で対処するべきです…。

②校風で選ぶ

校風も全く違いますよね。

御三家は男子も女子も特徴的。

入ってから合う、合わないがすごくありそう。。。

お堅いところと自由奔放なところ…。

よく考えた方がいいです。。。

 

その下、準御三家は、御三家に追いつこうと、きめ細かな指導で順調に偏差値を上げてきているけれど、実は、ゴリゴリ勉強させているのは、そのもう一つ下の学校。

その層はどこの学校も結構すごいものがあります。

定期テストの度に順位を貼り出したり、親に手紙配ったり、子供達を追い立てるように勉強させているのは、実はこのランクの学校です。。。

③学校の特色で選ぶ

・英語に力を入れている学校。

・部活が盛んな学校。

・文化祭に力を入れている学校。(←筑駒の文化祭を息子と見に行った主人が、お金をかけていてすごかった!と言っていました)

学校に帰国子女がいるかいないか、それだけでも学校の雰囲気が変わるようです。

 

お勉強以外の面を是非調べてみて下さい。

それが、入学後、お子さんの学校生活の充実度に直結してきます。

 

学校説明会へ行く!

私立は生き残りをかけて学校の特色を出そうとしています。

それは、進学実績にも表れてきています。

 

理系の大学に沢山進学したり、海外の大学に進学することを売りにしている学校もあります。

進学校なのにインターハイに出た生徒がいたり、部活が盛んな学校もあります。

数学に力を入れていて、学校のカリキュラムが文系でも数学が必修になっているなど、本当に様々です。

 

お子さんが得意なもの、今後伸ばしたいもの、部活に入ったらどんなことをしたいのか、そういった先のことも含めて選ばないと、せっかく入ったのに、つまらない6年間になってしまいます。

 

学校生活が楽しく有意義なものになりそうか、偏差値だけではなく、そういった観点からも選ぶ必要があると思います。

 

もう一つ、私が気にしている大事なポイントがあります。

入る時は難しいのに、出る時にはそうでもなくなってしまう学校。

そういう学校は選ばないようにしました。

 

今年はコロナのため、どこの学校もオンラインでの説明会や、学校紹介動画が主流となっていますが、

学校説明会を現地開催するところもあります。

これも学校の特色と言えますね

 

2020 オンライン東京私立中学相談会が10/25に開催されます。

興味のある学校のホームページから参加するようです。

学校の文化祭に行く!

学校の文化祭は是非行くべきです。

学校と生徒の雰囲気がわかります。

文化祭に取り組む姿勢から校風も感じ取ることもできます。

気になる学校は必ず、お子さんと一緒に見てきた方がいいです。

(今年はコロナで難しいですね…。オンライン説明会などで判断するしかなさそうです)

 

私が見に行った学校は、偏差値が高い学校なのに、いい意味で馬鹿騒ぎできる子供達がいっぱいいて、楽しそうだなと思いました。(麻布)

逆に、冷めた感じに見える学校もありました。

本当に色々です。

Pocket
LINEで送る